郵便の歴史100年

2007年09月14日

飛脚から郵便へ

江戸時代の飛脚(ひきゃく)をもとにしたのが郵便事業の始まりでした。

前島密(まえじまひそか)は,欧米(おうべい)にならってこの郵便事業を立案しました。

郵便事業の創設は,「富国強兵(ふこくきょうへい)」「殖産興業(しょくさんこうぎょう)」「文明開化」にとって郵便が役立つとされたからでした。
タグ:郵便事業

2007年09月13日

明治元年〜明治10年までの郵便の歴史

1868年(明治 元年)

☆ 東京〜京都間で月6回,公用定期便が開設される。



1869年(明治02年)

☆ 駅逓司を民部官へ移設される。



1870年(明治03年)

☆ 郵便役所が東京・西京・大阪に設置される。



1871年(明治04年)

☆ 最初の切手<竜>が発行される。



1872年(明治05年)

☆ 郵便が国内一般に施行される。



1873年(明治06年)

☆ 郵便料金の全国均一制が実施される。



1874年(明治07年)

☆ 貯金預り規則が制定される。



1875年(明治08年)

☆ 郵便為替,郵便貯金が創業される。



1876年(明治09年)

☆ 東京・大阪両府内の郵便局,郵便受取所,伏見局,堺局で貯金事務が開始される。



1877年(明治10年)

☆ 駅逓寮が駅逓局と改称される。
posted by tiger at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

明治11年〜明治20年までの郵便の歴史

1878年(明治11年)

☆ 貯金の年間預入最高限度が500円に引上げられる。



1879年(明治12年)

☆ 外国郵便料金が改正される。
☆ 香港郵政庁と小包郵便交換のための条約が締結される。



1880年(明治13年)

☆ 貯金が駅逓局貯金と改称される。
☆ 内務省で駅逓官(1〜4等)の職制が設置される。



1881年(明治14年)

☆ 官設の郵便局が出張郵便局,郵便受取所が郵便支局と改称される。
☆ 集配を兼ねた職員(郵便集配人)の被服制式が制定される。



1882年(明治15年)

☆ 郵便集配人の被服制定が改正される。
☆ 駅逓局に運輸課が置かれる。



1883年(明治16年)

☆ 郵便物を第1種〜第4種に区分し,料金の均一制が徹底される。
☆ 駅逓出張局が29か所に開設される。



1884年(明治17年)

☆ 郵便脚夫・集配人の冠りもの(帽子等)が改正される。
☆ 18年から「駅逓局報」の発行が決定される。
☆ 往復葉書の発行方法が制定される。



1885年(明治18年)

☆ 電信為替・郵便小為替が創設される。
☆ 日本郵船会社に郵便物の逓送が委託される。
☆ 汽車郵便逓送規則が制定される。  
☆ 逓信省が創設され,初代逓信大臣として榎本武揚が選ばれる。        


1886年(明治19年)

☆ 地方に逓信管理局が置かれる。
☆ 一等郵便局12局が設置される。



1887年(明治20年)

☆ 駅逓局貯金預所が郵便貯金預所に改称される。
☆ 集配人服務規則や集配人採用規程が制定される。
☆ 郵便柱函(ポスト)の制式が改正される。
posted by tiger at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 明治時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

明治21年〜明治30年までの郵便の歴史

1888年(明治21年)

☆ 電信切手が廃止される。
☆ 郵便掛函(ポスト)の塗色が草色ペンキから春慶塗に改正される。



1889年(明治22年)

☆ 郵便及電信局官制が公布される。



1890年(明治23年)

☆ 郵便貯金条例が公布される。
☆ 日本〜カナダ間の小包郵便取扱手続が制定される。



1891年(明治24年)

☆ 第4回万国郵便大会議がウィーンで開会される。



1892年(明治25年)

☆ 配達証明郵便規則が制定される。
☆ 小包郵便法が公布される。



1893年(明治26年)

☆ 郵便受取所郵便取扱規則が制定される。
☆ 鉄道小包郵便取扱手続が制定される。



1894年(明治27年)

☆ 明治天皇大婚25年記念切手(最初の記念切手)が発行される。



1895年(明治28年)

☆ 野戦病院において郵便貯金の取扱が開始される。



1896年(明治29年)

☆ 鉄道郵便係員等の制服袖口の〒マークの大きさが改正される。
☆ 代金引換小包郵便取扱規程が制定される。



1897年(明治30年)

☆ 第5回万国郵便大会議がワシントンで開催される。
☆ 外国郵便料金が改正される。

posted by tiger at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

明治31年〜明治40年までの郵便の歴史

1898年(明治31年)

☆ 1・2等局集配人等の給料規程が制定される。



1899年(明治32年)

☆ 郵便物の容積が1尺3寸×8寸5分に改正される。
☆<菊>1銭5厘葉書が発行される。
☆ 郵便用品研究参考室を逓信省内に設置。



1900年(明治33年)

☆ 皇太子婚儀祝典記念切手が発行される。
☆ 万国郵便連合創立25周年紀念式典、スイスのベルンで開催。
☆ さまざまな従前の規則が廃止される。



1901年(明治34年)

☆ 従前の料金表を廃止し、郵便電信料金表を調製交付。
☆ 7カ所の各郵便電信局に鉄道郵便課が設置される。



1902年(明治35年)

☆ 万国郵便連合加盟25年紀念郵便絵葉書が6種類発行される。



1903年(明治36年)

☆ 各鉄道郵便局が廃止される。
☆ 私製葉書製式規則(最初の規則)が制定される。



1904年(明治37年)

☆ 軍事郵便規則や軍事郵便取扱規程が制定される。
☆ 日米間の小包郵便条約が公布される。
☆ 戦地特別郵便貯金規則が制定される。



1905年(明治38年)

☆ 郵便貯金法が公布される。



1906年(明治39年)

☆ 第6回万国郵便大会議がローマで開催される。
☆ 陸軍凱旋観兵式紀念切手2種が発行される。
☆ 年賀特別郵便規則や年賀郵便特別取扱規程が制定される。



1907年(明治40年)

☆ 郵便規則を改正し,広告郵便の取扱が開始される。
posted by tiger at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

明治41年〜明治44年までの郵便の歴史

1908年(明治41年)

☆ 赤色・鉄製・円筒形ポストが初めて設置される。



1909年(明治42年)

☆ 郵便貯金局を逓信省の外局とし,大阪・下関に支局が設置される。



1910年(明治43年)

☆ 東京・大阪中央郵便局(一等局)が設置される。



1911年(明治44年)

☆ 速達郵便取扱規程が制定される。
☆ 郵便貯金通帳の様式が折畳式に改正される。
posted by tiger at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 明治時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

大正元年〜大正10年までの郵便の歴史

1912年(明治45年)(大正元年)

☆ 郵便貯金局・同支局が貯金原簿所管庁と改称される。



1913年(大正02年)

☆ 逓信省に為替貯金局が設置され,郵便貯金局が廃止される。



1914年(大正03年)

☆ 日本〜カナダ間の小包郵便物交換約定が公布される。



1915年(大正04年)

☆ 名古屋・大阪の鉄道郵便が廃止される。
☆ 大礼紀念切手4種,絵葉書2枚1組,貯金台紙2種が発行される。



1916年(大正05年)

☆ 改正郵便法が施行される。
☆ 簡易生命保険が創業される。
☆ 立太子礼紀念切手3種が発行される。



1917年(大正06年)

☆ 簡易保険,保険契約者に対する貸付が実施される。



1918年(大正07年)

☆ 郵便官署国債募集取扱規則が制定される。
☆ 郵便貯金の預金高が5億円を突破する。



1919年(大正08年)

☆ 平和紀念切手を4種、平和紀念絵葉書2枚1組が発行される。
☆ 飛行郵便試行紀念切手2種が発行される。



1920年(大正09年)

☆ 郵便私書箱への配達郵便物の種類拡大が実施される。
☆ 第1回国勢調査紀念切手2種が発行される。
☆ 第7回万国郵便大会議がマドリッドで開催される。
☆ 明治神宮鎮座紀念切手2種が発行される。



1921年(大正10年)

☆ 通信事業創始五十年紀念切手4種,同紀念絵葉書2枚が発行される。
☆ 3銭封緘葉書が発行される。
☆ 皇太子殿下御帰朝紀念切手4種が発行される。
posted by tiger at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

大正11年〜大正14年までの郵便の歴史

1922年(大正11年)

☆ 富士山郵便局・富士山北郵便局の開設が始められる。



1923年(大正12年)

☆ 郵便貯金,震災後の非常確認払(無通帳無印章)が開始される。
☆ 簡易保険でも非常局待払が開始される。


1924年(大正13年)

☆ 第8回万国郵便大会議がストックホルムで開催される。
☆ 広告郵便制度が廃止される。



1925年(大正14年)

☆ 大婚二十五年紀念切手4種,同絵葉書が発行される。
☆ 逓信省の通信局を廃止し,郵務局,電務局と工務局が置かれる。
☆ 飛行郵便の取扱地域が拡大される。
posted by tiger at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

昭和元年〜昭和10年までの郵便の歴史

1926年(大正15年)(昭和元年)

☆ 郵便年金法が公布される。
☆ 郵便試験飛行が,大阪〜京城〜大連間で実施される。
☆ 郵便年金が創設される。



1927年(昭和02年)

☆ 万国郵便連合加盟五十年紀念切手4種が発行される。
☆ 集配人が集配手,逓送人が逓送手,郵便夫が郵便手と改称される。



1928年(昭和03年)

☆ 大礼記念切手4種及び同記念絵葉書が発行される。



1929年(昭和04年)

☆ 航空専用ポスト(空色)が設置される。
☆ 第9回万国郵便大会議がロンドンで開催される。
☆ 神宮式年遷宮記念切手2種が発行される。



1930年(昭和05年)

☆ 封緘葉書が淡黄色に改正される。
☆ 明治神宮鎮座十年記念切手2種が発行される。



1931年(昭和06年)

☆ 東京地方貯金局庁舎が落成される。



1932年(昭和07年)

☆ 日本〜ソ連間小包郵便物交換に関する約定が公布される。



1933年(昭和08年)

☆ 通常葉書・往復葉書上部の「はかき」の表示が「はがき」に改正される。
☆ 「航空路」が「航空郵便線路」に改称される。
☆ 1銭5厘・3銭のコイル切手が発行される。



1934年(昭和09年)

☆ 第10回万国郵便大会議がカイロで開催される。
☆ 第1回逓信記念組合せ郵便切手(最初の小型シート)が発行される。



1935年(昭和10年)
☆ 満州国皇帝陛下御来訪記念切手が発行される。
☆ 東京中央郵便局に切手自動販売機(英国製)が設置される。
☆ 郵便・電信・電話の展覧会が逓信博物館で開催される。
☆ 昭和11年用年賀切手(1銭5厘)(初の年賀切手)が発行される。

2007年09月05日

昭和11年〜昭和20年までの郵便の歴史

1936年(昭和11年)

☆ 富士箱根国立公園切手4種が発行される。
☆ 東京都市逓信局が設置される。
☆ 帝国議会議事堂竣功記念切手,記念絵葉書が発行される。



1937年(昭和12年)

☆ 2銭切手(乃木大将)が発行される。
☆ <愛国>寄附金付切手・同葉書が発行される。
☆ 速達が全国で実施される。



1938年(昭和13年)

☆ 簡易生命保険と郵便年金事業が厚生省に移管される。
☆ 国立公園シリーズ切手第1回<日光>・同組合せ切手が発行される。



1939年(昭和14年)

☆ 第11回万国郵便大会議がブエノスアイレスで開催される。
☆ 郵便年金,保証期間付終身年金が創設される。



1940年(昭和15年)

☆ 紀元2600年記念切手2種が発行される。



1941年(昭和16年)

☆ 郵便貯金,定期貯金が創設される。
☆ 郵便局に郵便検閲官・同官補が置かれる。



1942年(昭和17年)

☆ 戦時郵便貯金切手(弾丸切手)第1回が発行される。
☆ 日本郵便逓送(株)が設立される。



1943年(昭和18年)

☆ 暑中半休が廃止される。
☆ 逓信大臣官房通信検閲室が通信検閲課と改称される。
☆ 特別地域あての速達配達停止が全集配郵便局に拡大される。
☆ 指定郵便局制度が廃止される。
☆ 逓信省を廃止し通信院が運輸通信省の外局として設置される。



1944年(昭和19年)

☆ 月掛貯金規則が廃止される。



1945年(昭和20年)

☆ 郵便物の取扱いについて特例が実施される。
☆ 非常通信本部が設置される。
☆ 運輸通信省が廃止される。
posted by tiger at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 昭和時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

昭和21年〜昭和30年までの郵便の歴史

1946年(昭和21年)

☆ 軍事郵便の取扱が廃止される。
☆ 簡易保険,前納払込制度が開設される。



1947年(昭和22年)

☆ <第2次新昭和>30銭切手が発行される。
☆ 日本国憲法施行記念切手2種が発行される。
☆ 第12回万国郵便大会議がパリで開催される。
☆ 軍事主義,神道等を表す郵便切手・葉書の使用が禁止される。
☆ 切手趣味週間切手(最初の切手趣味週間)が発行される。
☆ 郵便法が公布され,新郵便法に基づく郵便規則が制定される。



1948年(昭和23年)

☆ 切手趣味週間に因んで第1回切手「見返り美人」(5円)が発行される。
☆ 郵便葉書75周年記念葉書(2円)が発行される。
☆ 郵政省設置法・電気通信省設置法が公布される。



1949年(昭和24年)

☆ 航空書簡制度が開設され,初の航空書簡が発行される。
☆ 別府観光切手2種が発行される。
☆ 全国128駅のホームに郵便差出箱が設置される。
☆ 文化貢献者切手第1回「野口英世」が発行される。
☆ お年玉付郵便葉書の発売に関する法律が施行される。



1950年(昭和25年)

☆ <きじ航空>外国航空用切手5種が発行される。
☆ 郵政省の旗章が制定される。
☆ 初の暑中見舞用2円葉書5種が発行される。
☆ 鉄道郵便係員が鉄道郵便乗務員,同集配員が駐在員と改称される。



1951年(昭和26年)

☆ 郵便物の日曜配達停止が220局で施行される。
☆ 観光地百選切手第1回「日本平」2種が発行される。
☆ 初の小包葉書が発行される。



1952年(昭和27年)

☆ 選挙郵便用5円葉書が発行される。
☆ 万国郵便連合加盟75周年・東京中央局前に記念ポストが設置される。
☆ 連合軍による郵便物等の検閲が廃止される。
☆ 第13回万国郵便大会議がブリュッセルで開会される。
☆ 自動押印機刻印による広告の取扱廃止。
☆ 簡易保険・郵便年金の積立金運用が再開される。
☆ 広島に平和記念ポストが設置される。
☆ 立太子祈記念切手3種が発行される。



1953年(昭和28年)

☆ 米国あて郵便物の包装にワラを用いることが禁止される。
☆ 郵便貯金,定額貯金の局外預入が開始される。



1954年(昭和29年)

☆ 郵便為替が英国と再開される。
☆ 琉球発本邦あて通常郵便料金が改正される。



1955年(昭和30年)

☆ 外国郵便開始80周年記念ポストが横浜郵便局(現横浜港局)前に設置される。
☆ 熱海簡易保険郵便年金加入者ホームが開設される(最初のホーム)。
posted by tiger at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

昭和31年〜昭和40年までの郵便の歴史

1956年(昭和31年)

☆ 東京空港郵便局が設置される。
☆ 東京都内・横浜市内に速達専用の青ポスト42個が設置される。
☆ 窓口サービス強調運動月間が全国の郵便局で実施される。



1957年(昭和32年)

☆ 国際連合加盟記念切手が発行される。
☆ 国際地球観測年記念切手が発行される。
☆ 北朝鮮あて航空郵便が北京経由で開設される。
☆ 第14回万国郵便大会議がオタワで開催される。



1958年(昭和33年)

☆ 郵便貯金,貯蓄控除制度が創設される。
☆ 郵政記念日が逓信記念日と改称される。
☆ 特殊葉書「母の日・こどもの日」第1回が発行される。
☆ 特殊郵便「としよりの日」第1回が発行される。
☆ 国際文通週間切手第1回「日本橋」が発行される。
☆ 郵便貯金,定額貯金利子分割払が創始される。



1959年(昭和34年)

☆ 特殊葉書「成人の日」第1回が発行される。
☆ 郵便切手自動発売機が東京中央局に設置される。
☆ 10円通常切手が発売機用のロール切手として発行される。
☆ 特殊葉書「国土緑化」第1回が発行される。
☆ 皇太子殿下御成婚記念切手4種が発行される。
☆ 簡易保険,家族保険が創設される。
☆ 特殊葉書「敬老の日」第1回が発行される。



1960年(昭和35年)

☆ 公用文の左横書きが実施される。
☆ 簡易保険郵便年金加入者協会が設立される。



1961年(昭和36年)

☆ 花シリーズ切手第1回「すいせん」が発行される。
☆ 郵便貯金,定期貯金制度が創設される。
☆ 郵政省と電電公社の間に電気通信委託業務協議会が設置される。
☆ オリンピック東京大会に因んで寄附金付5円切手3種が発行される。



1962年(昭和37年)

☆ 季節の行事シリーズ切手第1回「ひなまつり」が発行される。
☆ 簡易保険郵便年金福祉事業団法が公布される。
☆ 現金封筒・同封緘紙が発行される。
☆ 書状による年賀特別郵便の取扱が廃止される。



1963年(昭和38年)

☆ 鳥シリーズ切手第1回「るりかけす」が発行される。
☆ 現金書留用封筒が改正される。



1964年(昭和39年)

☆ お祭りシリーズ切手第1回「高山まつり」が発行される。
☆ 特別養老保険が創設される。
☆ 第15回万国郵便大会議がウィーンで開催される。
☆ 第18回オリンピック競技大会記念切手・記念航空書簡が発行される。
☆ 東京オリンピック選手村郵便局が設置される。
☆ 東海道新幹線開通記念切手が発行される。
☆ 第18回オリンピック大会記念切手4種,同組合せ切手が発行される。



1965年(昭和40年)

☆ 郵便専用自動車の車体の刷色が2色から赤1色に改正される。
☆ 郵便貯金,定期継続振替制度が創設される。
☆ 年賀葉書の消印に特印の使用が禁止される。
posted by tiger at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

昭和41年〜昭和42年までの郵便の歴史(100年)

1966年(昭和41年)

☆ 魚介シリーズ切手第1回「いせえび」が発行される。
☆ 電信為替用テレタイプ,電信為替用テレックスが設置される。
☆ 郵務局に集配課が設置される。
☆ 郵便振替貯金が「郵便振替」と改称される。
☆ <夢殿>7円通常葉書,14円往復葉書,8円小包葉書が発行される。
☆ 郵便モニター制度が実施される。
☆ 通常郵便物の航空機搭載が実施される。



1967年(昭和42年)

☆ 日本橋郵便局など全国49局に切手・葉書自動販売機が設置される。
☆ 航空郵便線路が福岡〜釜山間に開設される。
☆ 国宝シリーズ切手第1回「飛鳥時代」3種が発行される。
posted by tiger at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。