明治元年〜明治10年までの郵便の歴史 郵便の歴史100年

2007年09月13日

明治元年〜明治10年までの郵便の歴史

1868年(明治 元年)

☆ 東京〜京都間で月6回,公用定期便が開設される。



1869年(明治02年)

☆ 駅逓司を民部官へ移設される。



1870年(明治03年)

☆ 郵便役所が東京・西京・大阪に設置される。



1871年(明治04年)

☆ 最初の切手<竜>が発行される。



1872年(明治05年)

☆ 郵便が国内一般に施行される。



1873年(明治06年)

☆ 郵便料金の全国均一制が実施される。



1874年(明治07年)

☆ 貯金預り規則が制定される。



1875年(明治08年)

☆ 郵便為替,郵便貯金が創業される。



1876年(明治09年)

☆ 東京・大阪両府内の郵便局,郵便受取所,伏見局,堺局で貯金事務が開始される。



1877年(明治10年)

☆ 駅逓寮が駅逓局と改称される。
posted by tiger at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。