大正時代の郵便あれこれ 郵便の歴史100年

2007年09月08日

大正元年〜大正10年までの郵便の歴史

1912年(明治45年)(大正元年)

☆ 郵便貯金局・同支局が貯金原簿所管庁と改称される。



1913年(大正02年)

☆ 逓信省に為替貯金局が設置され,郵便貯金局が廃止される。



1914年(大正03年)

☆ 日本〜カナダ間の小包郵便物交換約定が公布される。



1915年(大正04年)

☆ 名古屋・大阪の鉄道郵便が廃止される。
☆ 大礼紀念切手4種,絵葉書2枚1組,貯金台紙2種が発行される。



1916年(大正05年)

☆ 改正郵便法が施行される。
☆ 簡易生命保険が創業される。
☆ 立太子礼紀念切手3種が発行される。



1917年(大正06年)

☆ 簡易保険,保険契約者に対する貸付が実施される。



1918年(大正07年)

☆ 郵便官署国債募集取扱規則が制定される。
☆ 郵便貯金の預金高が5億円を突破する。



1919年(大正08年)

☆ 平和紀念切手を4種、平和紀念絵葉書2枚1組が発行される。
☆ 飛行郵便試行紀念切手2種が発行される。



1920年(大正09年)

☆ 郵便私書箱への配達郵便物の種類拡大が実施される。
☆ 第1回国勢調査紀念切手2種が発行される。
☆ 第7回万国郵便大会議がマドリッドで開催される。
☆ 明治神宮鎮座紀念切手2種が発行される。



1921年(大正10年)

☆ 通信事業創始五十年紀念切手4種,同紀念絵葉書2枚が発行される。
☆ 3銭封緘葉書が発行される。
☆ 皇太子殿下御帰朝紀念切手4種が発行される。
posted by tiger at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

大正11年〜大正14年までの郵便の歴史

1922年(大正11年)

☆ 富士山郵便局・富士山北郵便局の開設が始められる。



1923年(大正12年)

☆ 郵便貯金,震災後の非常確認払(無通帳無印章)が開始される。
☆ 簡易保険でも非常局待払が開始される。


1924年(大正13年)

☆ 第8回万国郵便大会議がストックホルムで開催される。
☆ 広告郵便制度が廃止される。



1925年(大正14年)

☆ 大婚二十五年紀念切手4種,同絵葉書が発行される。
☆ 逓信省の通信局を廃止し,郵務局,電務局と工務局が置かれる。
☆ 飛行郵便の取扱地域が拡大される。
posted by tiger at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正時代の郵便あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。